· 

むかしばなし第5夜

こんばんは、Bass:まっちぃです☆

 

勝手に連載「むかしばなしシリーズ」、第5夜です。

前回・前々回とお話しした感じで、無事?音楽大好き生活をはじめた僕。前回の第4夜はこちら

 

ですが友人よりちょっと指摘が入り、「これよりも先に音楽との接点があったじゃないか!?」とのこと。

ええ、思い出しましたよ(笑)

 

当時は今みたいにパソコンが一家に一台が当たり前でなく、物珍しかった時代。もちろん携帯電話なんかも無かった時代。そしていまは当たり前のwindowsも無く、まだMS-windowsというものすら生まれるか生まれないかの時代(当時は各メーカーが独自のOSをつくって搭載してました)

 

皆さん、当時「PC-9801」という名の国産パソコンがあったのをご存知ですか??

このパソコンは一時的に国内シェア90%(!!!)を達成したNECの大ヒットパソコンです。

これにはさまざまな機種・グレードがあったのですが、中には当時最先端の「FM音源」というものが搭載されてるモデルがありました。

なんとこれが搭載されているとパソコンのキーボードを使って「FM音源」音が鳴らせたのです!

・・・しっかし当時の新卒の方のお給料では買えないくらい高かったんですよ、これww

 

当時小学6年生の僕のアイドルは「TMネットワーク」でした。

TMネットワークとはご存知の小室哲哉・宇都宮隆・木根尚登の3人からなるユニットのこと。3歳上の姉の影響で聴きだしたのですが、当時小学生の僕にはとても新鮮でめっちゃカッコよかったです(^^)

でもそのかっこいい音は、一体全体何の音だか何がどうなってこの楽曲になっているのかも、全く分かりません・・・・(当時は小学生だからギターやベース・ドラム・キーボードの音が見分けなんてつかないのです・・泣)

 

そんな中、小学6年の後半に突然、急に、いきなり、びっくり!ww(←しつこい)このPC-9801が我が家にきちゃいました!

・・・しっかし当時ほんっと高かったんですよ、これww

 

うちは裕福ではありません。

僕と母が心配してると、父親が「ファミコンをかたくなに僕に買ってあげなかった罪滅ぼしww」として仕事の関係先から譲っていただいたとのことでした(笑)その時の関係者の方、ほんっとありがとうございます!(^^)

 

なんということでしょう。

 

あれよあれよという間に、それを僕の学習机の上にセッティングしてくれてその上、僕がいじくることを許してくれました。

楽しかったですね~。夢の機械でしたよ。そうこうしてると・・・なんとあのTMネットワークの音の一部っぽいのがこのPC-9801から出るぢゃないですか!!

 

・・・思い出しました。これが僕の本当の音楽との第一接触です。

めっちゃ衝撃的で嬉しくて、パソコンのキーボードで不自由ながらTMネットワークの「still love her」を弾いたことを思い出してきました(今は弾けませんww)

 

おそらくこの時の衝撃と影響で、いまだにPCいじりが好きで、CUBASEで音源やシーケンスを作るのが好きで・・・FM音源の音が好きなんでしょうね(^^)

 

あ、ちなみに僕が作る音源には結構な割合でYAMAHA DX-7の音と、同じくYAMAHA EOS B500の音が出現してきます!(DX-7はDEXEDというVSTを使ってますが、B500は実機をいまだに持ってますww)

これは明らかに、この時のFM音源ショックの名残ですね(^^)

 

あ、もひとつ。いまだにTMネットワーク大好きです!!

 

 

・・・今現在の僕しか知らない方にはこんなむかし話、びっくりだと思います(^_^;)

ま、そんなこんなでベーシストなのに周りの音がとっても気になる、変態ベーシストの礎がここにできたときのお話しでした(^^)

 

 

続く

 

 

以上、Bass:まっちぃでした!

YAMAHA EOS B500(1991年製)

Spec : どノーマル(笑)

 

1997年から2005年くらいまでずっといっしょに活動していたキーボーディストより2003年くらいに譲ってもらう。白鍵一つが鍵盤落ちしてる以外は完動品。