· 

ちょこっと裏話①。


こんばんは、Bass : まっちぃです!

まずは昨晩の天神オフブロードウェイ様での定期ライブ『投げ銭ライブ Part4!!』にお越しいただきました皆様、そしてお店の皆様、たいへんありがとうございましたー!
(^^)
実は前回Part3の時に、本番で機材トラブルが発生しまして…私のベースの音が出なかったんです(T-T)

いやー、今まで長年音楽やってきてそんな機会ってなかなかなかったので…めっちゃ焦りました。
『原因はなにだ?』『ベース本体か?』『足元のペダルか?』『お店のミキサーを壊した?』などなど…めっちゃ頭の中グルグルグルグル…。

そのトラブルの間、Guitar : けいちとVocal : chocoが機転をきかせてくれて2人だけで何曲か演ってくれて…ホント感謝しきれないくらい感謝してます!ありがと!(^^)


そんなことがあって迎えた、今回の『投げ銭ライブPart4』。
とてもいろいろな準備を、自分なりに細かいところまで行いました。

①まずはベースとミキサーをつなぐシールドケーブルの刷新。
ここにとりあえずの原因があることはスタジオリハの時点みつけてました。
そこでシールドケーブルの寿命が来たと判断して全て新品に。
このケーブルは全て、かの有名な『ベルデン8412』にしました!(^^)

②そしてペダル類の見直し。
ここもあまりにも複雑だったりするとトラブルの温床になりがちなので、全て見直して作動するかなどを確認して…
こうなりました!
ちょっとだけシンプルにして、かつ演奏中に音色の切り替えをしやすいように配置を考えて…
こんな作業ってめっちゃ楽しいですよね!(^^)

③モニターアンプの設置。
いつも演奏をさせていただいております天神オフブロードウェイ様にはDJ設備や音響設備はあるのですが、いわゆるライブ設備はないんです。なのでマイクからマイクスタンドから全て私物持ち込みなんですよね。
その中で前々回から『自分たちの演奏してる音が聴こえにくい』っというのをすごく感じてまして…。
そこで!
今回からVocal : chocoの足元にフィル・ジョーンズのアンプを置いてそこからギターとベースの音を出して3人でモニターするっていうことを試してみました。
もうこれがバッチリ!!
モニタリングができるから演奏も安定するし、もし前回みたいなトラブルが起きてもアンプから音を出す形でライブが続けれるのです!
まさに一石二鳥(^^)


…そんなこんなの準備が功を奏したのか、今回のライブでは変なマイナートラブルは起きませんでした!


まずは『ホッとした』っていうのが本音でした(^^)



続く。