· 

PCとわたし〜後編??〜


こんばんは、Bass : まっちぃでふ


今日は先日からの『PCとわたし』の後編です!

さぁ、ちゃんと終われるでしょうか??

では、はじまりはじまりー




・・・ということで

残念ながら小学生の一番興味があって、一番欲しいときにファミコンを手に入れることが出来なかったらぼく。

 

でもそのかわりにといってはなんですが、それを見かねた母親がパソコン??っぽいものは買ってくれました。


それは


MSXぅ〜!!


もうこの時点で年齢がバレますが(笑)


ご存じない方にご説明しますと、当時まだまだPCが高価だったころ高嶺の花だったMicrosoftのBASICと互換性があるホビーパソコンの走りとして登場し、入門から上級者までに中々人気があるものでした!

それのMSXの中にあってこの写真のカシオのPV-7という機体は、当時他のMSX機が5万くらいしてたのに・・・なんと定価19,800円!!価格破壊

母親が買ってくれたのは、それのさらに売れ残りで・・・確か9,800円でした(^_^;)

でも安くてもMSX。

しっかりBASICでプログラムは書けるしカセットを挿せばゲームもできます。

しかし

しかしですよ

このカシオのPV-7。

あまりにも他のMSXよりも安すぎますよね。


なぜかって??


メインRAMがMSX規格で定められてる最低容量の8KBしかないからなんです!!(笑)

いやー泣きましたね、ぼくは。

だって市販のソフト、ほとんどできないんですもん。容量不足で(笑)

でもそのおかげでゲームを買うより作るということに目覚め、簡単なプログラムをBASICで入力して簡単なゲームを作るなどはこのころにちょっとだけマスターしました。

 

まあそう考えると父親の思惑通りなんだよね(^_^;)

ゲームばっかりせずにパソコンの基礎学びなさいというね。

 

・・・しかし時代を感じますね。

 

メインRAMが8KBって!!(笑)

 

 

いまの僕のPCのメインメモリは32GB。

 

何倍の容量あるのよって(笑)

 

まあ時代ですよね。

 

 

 

 

 

 

 

・・・あ、いかん。終わんない。

 

まあいいや。

 

今週はすごく嬉しくてホッとすることがあったから許してください。

 

 

 

 

 

ということで

 

今回のお話しのタイトルは『PCとわたし~続中編~』ということにあらためさせてくだい(^_^;)

 

 

次回につづく。やっぱり終わらなかったね

 

 

 

 

 

 

以上本当にぼくは支えられてるなって実感したBass:まっちぃでしたー(´▽`*)